Top | RSS | Admin

【スポンサー広告】  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SION/蛍


01.螢
02.AIN’T NOTHIN’ I CAN DO
03.当然のこと
04.あと少し
05.お手あげだ
06.2月というだけの夜
07.チェッ
08.あっちへ行ってくれ
09.ホラ吹き野郎
10.早く帰ろう
11.トタン屋根の小屋に住む老人
12.さあ行かなきゃ
13.AIN’T NOTHIN’ I CAN DO(Boston Acoustic Version)
14.Once Only Love(Boston Acoustic Version)


俺がまだ鼻っ柱の強いガキの頃、「新宿の片隅から」でデビューしたこのSION。デビューの頃はなんか粗忽で、新宿の道端に唾吐いてるようなイメージの人だった。なんせ俺もガキだったから、そんな「悪い」カンジが妙にカッコよく思えて当時からファンだった訳だけども、世間からようやっと大人に近い生き物という目で見られるようになった大学生の頃に出たアルバムが今回ご紹介の「蛍」であり、俺がSIONのアルバムで一番好きなアルバムである。

実際このアルバム、それまでの粗忽のイメージとはかけ離れたSIONがそこに居て、すごく戸惑った覚えがあるんだけれど、ストレートに笑うSIONもカッコいいよな。なんてその頃は漠然と思った。

このアルバム歳を重ねるごとに好きになってくる貴重なアルバムで、当時聴いていたより、今が。多分今よりこの先どんどん好きになるアルバムじゃないかと思っている。

2曲目「AIN’T NOTHIN’ I CAN DO」が本当に沁みる。

そういや俺の好きな日本のアーティスト、たとえば高田渡や岡林信康、そしてこのSIONも皆Bob Dylanを信奉している訳だけれど、俺といえば未だにDylanをちゃんと聴いたことがない。そろそろちゃんと聴いてみようかとは思うのだが、きっと英語が分らない事に酷く後悔するんだろうな、と思う。

それでもそろそろ聴いてみようかしら。

コメント
この記事へのコメント
うーわ!
SIONとか超懐かしい!
懐かしいとか言っちゃ失礼かな・・・
なんか昔、ラジオやってたよねーこの人。
それ目当てでじーっと聴いたコトは無かったけど、
多分その前後の番組に用事があって、いつももれなく聞こえてくる感じだったのを
おぼろげだけど記憶しています。

えらくまた個性的な人だなぁて思ってたけど、
必ず自分の曲をかけるんだけども(当然だよね)、
他にもSIONセレクトの曲をかけていて、
そういえばBob Dylanをよくかけてたよ。

ああ、なんか 康坊のこの記事を読んで当時の事を色々と思い出して
ちょっぴりセンチメンタルな時間を過ごしました。
2006/05/01(Mon) 19:04 | URL  | MARIKO* [ 編集]
まあ
俺にとってはそんなに懐かしいぶるいの人でもなくて、懐かしいっていうと、
フィンガーファイブとかかなあ。いやそういうことじゃないか。

Bob Dylanって人は多分、おおよそこの世の中でかっこいいという概念全てを濃縮した人
みたいな勝手なイメージがあって、きっと間違ってないと思うんだけれど、
何度も言うとおり、言葉がわかんないのは相当痛い気がします。
英語から勉強ってのもなんかね・・・。

まあ気楽に聴いちゃおうかなあ。
2006/05/02(Tue) 00:48 | URL  | 康坊 [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。