Top | RSS | Admin

【スポンサー広告】  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ledisi

01. Get Outta My Kitchen
02. Soulsinger
03. Take Time
04. Stop Livin' In Ya Head
05. Coffee
06. You Are My Friend
07. Hotel
08. Dreaming Interlude
09. Free Again
10. Groove On
11. I Want'cha Babe
12. I AWant'cha Babe Interlude
13. Papa Loved To Love Me
14. In My Life
15. My Prayers
16. Good Lovin'
17. Snorling

記念すべき音楽レビューの一発目はLedisiの2001年の作品。オーガニック・ソウルとかなんとかへんてこりんなジャンルで括られてますけれど、ソウルじゃだめなのかね?めんどくさいし。

で、俺はというと、オーデイオの試聴やら家でのオーディオの音のチェックなどに、このアルバム収録の6曲目「You Are My Friend」を必ず使います。この曲が上手く鳴るかどうか如何でその機材の調子をチェックする訳です。なんて言うとカッコいいですが、要はこの曲が底抜けに好きなので、この曲さえ気持ち良く鳴ってくれればそれでいいやって程度の話だったりします。

この曲、途中で長いスキャットが入り、おあつらえ向きなⅡ-Ⅴフレーズが出てくるのですが、そのワンフレーズが懐かしのVan Halenのアルバム「5150」の中の一曲、「We Can't This Be Love」の間奏、エディのギターソロとサミーヘイガーのこれまたスキャットのユニゾン部分とソックリだったりして、その都度ニンマリしたりしています。

で、他の曲ですが、あんま聴いてません。ってそんなアルバムレビューするのも実際いかがなものだろうと言う気もしますけど、17曲って多すぎね?10曲くらいにしとけって話ですよ。ホンマ。すいません。今度ちゃんと聴いてみたいと思います。って第一回こんなんでいいんですかね?ずこー!ってカンジだけども・・・。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。