Top | RSS | Admin

【スポンサー広告】  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如何に体調がすぐれなかったとは言え、やれ「うんこ」だ「おパンツ」だとね。低俗な更新を繰り返した結果、ここ2日間のアクセス数が激減してしまいまして。いやまあ直接影響したという訳でもないのでしょうけれども、あまり安直と言うか、短絡的な文章は如何なものかとね。

「オメガ反省オブジイヤーですぅ。」

なんか色々混ざりました。

そうそう。昨日の「舞-乙HiME」ですけどね。「おパンツ」どころか、ニナちゃんの素っ裸がお出まししましてね。ええ。そりゃもうびっくりなんですけども。え?いや、それはないわ。民放で放送してるアニメだもの。そんなB地区とかは流石にありえないわ。ってかけらも反省してないのがバレバレですか?

で、本日はアクセス数の激減振りに驚いてます。てな話題ではありませんで、俺こと康坊が比較的楽しみに毎日閲覧させて頂いているサイトに、

「ほぼ日刊イトイ新聞」

というサイトが御座います。ご存知糸井重里さんのサイトでして、一日数百万アクセスを誇るというモンスターサイトなので、今更説明の必要もないかと思いますが、今日はそこで紹介されていた、落語家、笑福亭松之助さんのblog、

「落悟家松っちゃん年令なし記」

これがあまりに面白いので紹介したくなった次第。この方確か明石家さんまさんのお師匠さんだと記憶しておりますが、御年なんと80歳(!)。滲み出る渋い面白さといいますか。落語家の大御所のすごみと言いましょうか。それと「水墨画」のコーナーがまたね。たまんねえな、おい。無茶苦茶カッコイイぞ、これ。

そもそもそんな大御所であり、80にもなる爺さん(失礼)がblogやってらっしゃるって事実がもうね。すさまじいじゃありませんか。そこらの小中学生からその筋のプロの爺さんまで。blogってなんか本当に凄いことになってるんだなあと改めて思い知りました。

しかし松之助師匠。こういう人を「好々爺」と言うんだろうなあ、と。素敵な歳のとり方で純粋に憧れます。年齢を重ねることにはポジティブになりにくいものですが、こんなジジイ(失礼)なら俺もなってみてえっす。

ちなみにこの「好々爺」という文字。つい最近まで「すきすきじい」と誤読し、精力絶倫のエロジジイの事だと勘違いしていましたと言うつまらない余談を添えまして、本日はここまでにいたしとう御座います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。