Top | RSS | Admin

【スポンサー広告】  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDロゴ

俺が音楽を聴き始めた頃というのは、音源が丁度LP(アナログ)からCD(デジタル)への移行期でした。確かVAN HALENの「5150」はLPで買ったけど、おにゃんこクラブの「キックオフ」はCDで買った。そんなかんじです。なんかここまで書いて年齢がモロバレなのと、あまりに切ないのとで、夜空にタバコの煙をふかし、そのまま床に就いて枕を軽く涙で濡らして本日は終了にしたい気分で一杯になりましたが、めげずに続けます。

いよいよ本格的に音楽を聴きだした頃、すなわち昔の再発モノを漁りだした頃というのはすべからく世間はCDでした。ディスクユニオンやレコファンなどに入り浸り、純情な青年康坊は中古CDをせっせと買い集めたものでした。

さて、オーディオの世界に目を向けますと、未だにアナログが主流だったりします。むしろ、

「え?CDなんかで音楽聴いてるの?」

なんて平気でバカにされる世界だったりします。

さらには俺の大好きなブラックミュージックの世界もDJがお皿を回すのがメインなので、こちらもまたLPに圧倒的需要があります。

「なにそれ。」

どうすんの。このおびただしい数のCDは。その昔CDが出始めの頃、メディアとしては半永久的に使えるし、音質もアナログを上回ると俺は教わりました。ええと・・・。嘘でした。ちゃんと劣化して聴けなくもなるし、音質はアナログに及ばないんだそうです。

「なにそれ。」

もうね。今更後には引けないんです。俺はオーディオを趣味とし、ブラックミュージックを愛する身でありながら、音源はCDでなんとかして行くしかないのです。今後このコーナーは如何にCDを良い音で聴くかに焦点をあてて書いていこうと思います。次回はとりあえずDACの導入検討、そもそもDACとはなんぞやなどを。

いや・・・そんな・・・泣いてなんかないです!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。