Top | RSS | Admin

【スポンサー広告】  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デラシネ・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット


01. ああわからない
02. ストトン節
03. お富さん
04. くんじゃんジントーヨー
05. チョンチョンキジムナー
06. 島育ち
07. 竹田こいこい節
08. 竹田の子守唄
09. ドンパン節
10. トラジ
11. 三池炭坑節
12. 釜ヶ崎人情
13. あまの川
14. マジムン・ジャンボリー


未開封CDレビュー第2回目は、ソウル・フラワー・モノノケ・サミットの登場です。って俺はこんなもんまで未開封でやりすごしてたかと思うと軽く自己嫌悪に陥ります。なんせもう随分前とは言えこのblogで、彼らの第1作目「アジール・チンドン」をベタ褒めしといてこの有様ってのがね。いよいよ末期な気もしてきますが、気を取り直しまして。なんせもう必ずどっかで聴いた曲のオンパレードですから、ついつい口ずさんだりしなが聴いちゃいます。09「ドンパン節」や11「三池炭坑節」なんてのは、日本人なら聴いた事がない人を探すほうが難しいくらいのスタンダードだと思いますが、改めてチンドンのフォーマットで聴いてみるとこれが実にかっこよろしい。

そういや「ドンパン節」は友川かずきがちょっとリズムと節を変えて歌った、「乱れドンパン節」なんてのもありました。なんせ本場の秋田県人。アレも実にかっこよかった。これ聴いた後、友川かずきのライブ版ひっぱり出して聴き比べたりしましたが、うーん。どっちもいいなあ。こういう音が素直にいいと思える日本人でホント幸せだと思いました。それなら買って即開封しろって話ではありますが・・・。

ちなみにこのCD、未開封ももちろん自己嫌悪ですが、何を勘違いしたかダブリ買いしちゃってました。全く何やってるんだ俺は・・・。そっちもすげえ凹みました。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。