Top | RSS | Admin

【スポンサー広告】  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もういいよね?アタシ頑張ったよね?もうゴールしていいよね?」

AIRは最終回の観鈴ちんの声が脳内を駆け巡る。リフレインがとまらない。そんな我がblogで御座います。そもそもアニキャラの声が脳内にリフレインするというのは立派な病気だと思うのだが、恐らく医学的、学術的な病名は持たない。ストレスからくる現代病くらいで片付けられるのがオチ。考えてみれば分る。

「先生、観鈴ちんが頭の中で泣いてるんです!助けてあげてください!」

などとこちらも涙を流しながら必死に訴えたところで、お医者様は

「にはは。」

などと返答してはくれないだろう。いや恐らくはこの手の類のお医者様は男性でありかつおっさんである可能性が高い故、ここで返答すべきは横にいらっしゃるであろう妙齢の看護婦さんである。人にはそれぞれ役割分担というものがある。

「看護婦さん!ここは「にはは」か「がおー」って言うところですぞ!」

そんな白衣の天使が居たらいいよなあおい。

三次元に興味はないのでそんなことはどうでもいいんです。こののblogの話ですわ。悲しいかな更新が溜まった。8日分も溜まった。毎日更新するって、レビューも沢山するって貴方約束したじゃないぃなのに溜まった。逢いたいぃ。誰に?

あのですね。ウチの家内がペロっとした顔してこんなこと聞くんですぅ。

「あなたどうして毎日マメに更新しないの?」

素朴な疑問というのは何時だって残酷である。お姉さんは天使なのになんで色が黒いの?なんて素朴な疑問を投げかければ、ウルド姉さんだって血相を変えて怒るというものだ。まあ黒が何色になるのかは知らない。あとウルド姉さんが誰だか分らない人にはいちいち説明しません。

誰に責められるでものない、もっと言えば責められる可能性すらないくらいに寂れたblogなのに、日々感じなければいけないこのある種の焦燥感と罪悪感。叱ってもらえることの有り難さなんてのは叱られているうちは気付かないものだなんてことをblogで気付かされるとはっ!


とまあね。いつまでもモヤモヤしていても、看護婦さんが観鈴ちんになる日は来る筈がないですので、これからしばらくスクランブル体制の更新をして行こうと思います。過去の日付と今の日付を少しずつ、少しずつで良い。埋められない溝ではない!まだだ!まだ間に合う!

梅雨が明ける頃には目映いばかりの満面の笑顔で

「にははぁ~にははぁ~。」

と言っている俺の姿が見える。確かに見える。待っておれよ、夏!まずは「どろり濃厚ピーチ味」のジュースだ。違う。更新だ。


AIR
© VisualArt's/Key/翼人伝承会
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。