Top | RSS | Admin

【スポンサー広告】  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回DACの導入検討と書きましたが、その話はまた別の機会に。というかまだ俺も色々調べている段階なのですが、よくわからんようになってきた。誰か教えてくれんかね。ホンマ。

それよりなにより本日は、

「PSE法、ビンテージ楽器は「例外」に」(IT Mediaニュース2006/3/14)

まあなんですかね。当たり前ですよ。署名も相当集まったと聞きましたしね。そもそもテレビのニュースのインタビューかなんかで、経産省の役人が、ビンテージ愛好家をつかまえて、

「個人の心の問題。」

などとね。切って捨てるような発言をしたように記憶してますけども。そら世間も怒るわ。なんじゃそら、と。なんだココロの問題って。ケロロ軍曹のEDじゃないんだぞ。サザエさん歩きしちゃうぞこの野郎!ってね。何を言ってるか全然わからない人には本当にごめんなさい。

こんな先人の技術開発の苦労や、発明の素晴らしさを理解しないどころか、単なる心の問題と片付けて切り捨てるような糞法律はね。本来即刻廃止すべきなんですけども、まあある程度緩和策が出たということでホッっと一安心てなところですね。

しかしその緩和策がまたいい加減で、

(1)既に生産が終了しており、他の電気用品で代替不可能で希少価値が高いと認められる。
(2)旧法(電気用品取締法)に基づく表示などがある。
(3)取り扱いに慣れた人に対して国内で販売する。


なんだこの(1)と(3)は。誰が何処で線引きするんでしょうね。もしかしらた中古専門店に買い物に行くと、

「ええ。このアンプは現行モデルが存在するんですが、このモデルは製造中止になっておりまして、希少性が認められるんで一応お売りできるんですが、念の為お伺いしますけど、あなたはオーディオの扱いに慣れていない初心者ではないですよね?」

なんて質問されるんでしょうか。もうアホですか、と。兎に角役所の慌てぶり、場当たり的な対処ばかり目立つ話で失笑を禁じえません。

「地主金持ちは我儘者で、役人なんぞは威張る者。こんな浮世へ生れて来たが、我身の不運とあきらめる。 」(「あきらめ節」添田唖蝉坊)

ってね。何時の時代も変わりませんなあ。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。