Top | RSS | Admin

【スポンサー広告】  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STOP PSE


「次回つたないオーディオ遍歴など」などと書いたきり、すっかり放置していたオーディオカテゴリですが、ご披露する程の遍歴もネタもなく・・いやいや、ゲフンゲフン。

それはさておき、本日は最近巷を騒がせる電気用品安全法(PSE法)について書いておきたいと思います。PSE法をまだご存知無い方は下記まとめサイトが詳しいですが、

「電気用品安全法@2chまとめ」

まあかいつまんで説明すると、2006年4月以降、2001年以前の電化製品がほとんど店頭から消えてしまう法律と考えてほぼ間違いないようです。

「え?なにそれうそん!」

とにわかには信じがたいですが残念ながらマジです。安全の為をうたっていながらその実、新商品を売る為のメーカー保護の法律じゃないかという詮索もあながち間違いじゃないような気がしてなりません。

この法律では、中古品取扱業者やリサイクルショップなど販売側が深刻な打撃を受けることは間違いないですが、消費者側にとっても深刻です。ビンテージやレトロと呼ばれる機材を愛するマニア、そういった機材で新しいものでは作り出せない作品を表現するアーティスト等々。

ただこの法律の上手いところというかえげつないところが、そういった人々が世間一般では少数派というところであり、この法律が今ひとつ注目されてこなかった遠因な気もします。

難しいことや大義名分を唱えるつもりは毛頭ありません。

「俺が欲しい物が買えなくなるような法律は迷惑だしゴメンだ。」

ただそれだけです。物を愛する者として当然の主張だし、きっと同じように思う人も少なくないと思います。思うだけじゃなく行動をということで、賛同頂ける方は下記のような署名に是非ご協力頂きたい。

「電気用品安全法(PSE法)に対する署名」

怒ってる人、決して少なく無いと思います。私、康坊もPSE法に力一杯反対致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。